HOME>アレルギー疾患

アトピー性皮膚炎とは?
自律神経・免疫機能から考えたアレルギー疾患
免疫学的な抗体産生のメカニズム

自律神経・免疫機能から考えたアレルギー疾患
アトピー性皮膚炎とは? | 自律神経・免疫機能から考えたアレルギー疾患 | 免疫学的な抗体産生のメカニズム

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患は、アレルギー体質者(遺伝的又は後天的な要因)が精神的、身体的にある一定の発病ラインより、その機能が低下すると発症し上昇すると消退します。
かつては、小児・幼児の病気として一般的には理解されていましたが、現在では成人でもある日突然発症します。これは、長年の悪い生活習慣が本人の体質となって根づき、精神的・身体的機能が極端に低下した時期に、相乗的な悪化の要因として現れます。


 
 

〔1〕痒みが起こるしくみ

痒みが起こる原因に、IgEという抗体(身体を病原体などから守るたんぱく質)が関係しています。IgE抗体が、食物・花粉・埃・ダニ・ハウスダストなどに過敏に反応することにより、ヒスタミンなどの痒みを引き起こす化学物質を放出することで起こります。

このページのTOPへ

〔2〕免疫(体液性免疫)のしくみとはたらき

人間(動物)の身体には、アレルゲン(病原菌などの外敵・非自己)を識別・排除する働きがあり、このはたらきを免疫といいます。

1)アレルゲンが体内に入ると、体内をパトロールしているマクロファージ(大食細胞)が最初に取り込み、その情報をB細胞(骨髄)とT抗体を産生・放出する形質細胞へ分化・増殖し、アレルゲンを退冶します。

2)情報を伝達されたB細胞は、抗体を産生・放出する形質細胞へ分化・増殖し、アレルゲンを退冶します。

3)T細胞では、サプレッサーT細胞(抗体産生の刺激)とヘルパーT細胞(抗体産生の抑制)へ情報を伝達し、B細胞へ抗体産生の刺激・抑制の指示を出します。

4)B細胞は、指示通りに抗体産生の刺激・抑制を行います。また、B細胞は一度得た情報を記憶し、再度同じアレルゲンが入ってきた際に、すぐに抗体を作れるように準備をします。

このようにT細胞は、免疫システムの監視・指示をする指令部のはたらきを持っています。

このページのTOPへ

〔3〕アレルギー反応

身体に入ってくるものは、たとえ食物であろうと、花粉・埃であろうと異物にはかわりなく、身体に無害なものであっても抗体を準備します。しかし、無害なものに免疫システムをはたらかせていては、身体は異常な状態になってしまします。そこで、T細胞の中にある、ヘルパーT細胞(抗体を作るよう指示を出す)とサプレッサーT細胞(抗体の産生を抑制する)をコントロールすることで、正常に免疫システムをはたらかせます。
本来、身体に無害なアレルゲンに対しては、サプレッサーT細胞はB細胞へ抗体産生の指示を出しません。しかし、アレルギー疾患を引き起こしている人は、ヘルパーT細胞のはたらきが過剰であったり、サプレッサーT細胞の抑制がうまくはたらかないことにより、無害なアレルゲンに対して抗体を産生してしまいます。

その結果、肥満細胞から痒みを引き起こす、化学伝達物質であるヒスタミンなどが放出され、身体のいろいろな部位に痒みなどのアレルギー症状を引き起こします。
(皮膚:アトピー性皮膚炎、目:アレルギー性結膜炎・花粉症、鼻:アレルギー性鼻炎・花粉症、気管支:気管支喘息、)

このように、無害なアレルゲンを有害なアレルゲンとして判断してしまう原因の一つに、免疫機能をコントロールしている自律神経が関係しているのではないでしょうか。

このページのTOPへ

〔4〕原因は自律神経?

1)自律神経は、交感神経と副交感神経からなる、意識的にコントロールできない神経であり、不随神経と呼ばれています。はたらきは、内臓機能・ホルモン産生機能・免疫機能をコントロールする大変重要な神経です。
また、体内環境(睡眠不足・偏食・運動不足・入浴・ストレスなど)の変化「生活習慣の悪化」や体外環境(大気汚染・土壌汚染・水質汚染・騒音など)の変化「自然環境の悪化」により、交感神経と副交感神経のバランスは乱れてしまいます。バランスが乱れてしまうと、手足の冷え・便秘・顔のほてり・むくみ・肩こり・下痢・倦怠感・発汗異常・少尿・生理不順・感染症(風邪など)といった症状が現れます。

2)アトピーや花粉症などのアレルギー疾患者(乳幼児では母親)の多くは、自律神経のバランスが乱れることから起こる、自律神経失調症の症状がよくみられます。代表的なものに「手・足の冷えや便秘」があります。他には、肩こり・発汗異常・少尿・倦怠感・生理不順などがあります。

このページのTOPへ

〔5〕アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患とは?

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患は、自律神経のバランスが崩れることから免疫機能が低下し、起こらないはずの抗原抗体反応によって過剰にIgE抗体が産生され、発病にいたるという因果関係は認められています。
故に、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患は、心身全てに関わる生活習慣病であると考えても良いのではないでしょうか。

このページのTOPへ

 
 

アトピー性皮膚炎とは? | 自律神経・免疫機能から考えたアレルギー疾患 | 免疫学的な抗体産生のメカニズム

入会前のご相談は無料です。
商品のお申し込み・何でも無料相談はこちらから(新規メール作成画面)
(↑クリックして頂くと、お使いのメールソフトが起動します。お気軽にご連絡下さい。)

このページのTOPへ

満天星倶楽部(かすみそうくらぶ)
copyright(C) 満天星倶楽部-kasumiso club- / All rights reserved