HOME>アレルギー疾患

アトピー性皮膚炎とは?
自律神経・免疫機能から考えたアレルギー疾患
免疫学的な抗体産生のメカニズム

免疫学的な抗体産生のメカニズム
アトピー性皮膚炎とは? | 自律神経・免疫機能から考えたアレルギー疾患 | 免疫学的な抗体産生のメカニズム

 
 

[1]なぜ、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患が増えてきたのか?

免疫学的には、ウィルスや細菌などに対する抗体産生機序と、ダニ・花粉・食べ物などに対する抗体産生機序との違いが分かってきました。

医学的には複雑なメカニズムになっているのですが簡単に説明すると、ウィルスや細菌が体内に侵入した場合、リンパ球の一種であるヘルパーT細胞のT型が働き、ウィルスや細菌に対する抗体を作ります。
次に同じウィルスや細菌が体内に侵入してきた場合、その抗体がウィルスや細菌と反応して攻撃します。はしかに一度かかると二度とかからないのはこのためです。
ダニ・花粉・食べ物のたんぱく質が体内に侵入した場合は、リンパ球の一種であるヘルパーT細胞のU型が働き、ダニ・花粉・食べ物などの抗体(IgE抗体)を作ります。そのためにダニ・花粉・食べ物のアレルギーによる、アトピー性皮膚炎・喘息・花粉症などのアレルギーが生じます。
そして、ヘルパーT細胞のT型とU型は互いに抑制しあっています。

アトピーの人が風邪をひいて高熱を出したとき、湿疹や痒みが治まり、風邪が治ると、再び湿疹や痒みが現れるといったことがあります。
これは、風邪のウィルスに感染したことにより、一時的にヘルパーT細胞のT型が強まり、ヘルパーT細胞のU型が抑制されたと考えられます。
※≪図2-ii≫の状態から≪図2-i≫の状態になる。

≪図1≫

図1

以前は、鼻水をたらしていたり、どろんこ遊びをしている子供たちが大勢いました。これは、常にある程度のウィルスや細菌に感染している状態であり、ヘルパーT細胞のT型の活性が強まり、ヘルパーT細胞のU型の活性を弱めています。≪図2-i≫
ところが最近では、生活習慣の悪化を含む、様々なストレスや生活環境内での防腐剤・消毒剤・抗菌剤等を多く使うようになってきたため、ヘルパーT細胞のT型の活性が弱まり、ヘルパーT細胞のU型の活性を抑制できなくなり、ヘルパーT細胞のU型の活性が強くなってしまいました。
その結果、以前はアレルギー反応を示さなかった、ダニ・花粉・食べ物等に、過敏に反応するようになってしまいました。≪図2-ii≫

このページのTOPへ

[2]アトピー性皮膚炎や花粉症などを改善するには?

アトピーなどのアレルギー疾患を改善するには、ヘルパーT細胞のT型の活性を強め、ヘルパーT細胞のU型の活性を抑制しなければなりません。≪図2-i≫
そのためには、生活習慣の悪化を含む、様々なストレスや生活環境を改善する必要があります。
また、アトピーの人が、皮膚に炎症や湿疹が出るということは、良い意味で皮膚に細菌感染を起こし、ヘルパーT細胞のT型の活性を強めようとしています。
その結果、ヘルパーT細胞のU型の活性を抑制し、アトピーを改善しようとしています。
≪図2-ii≫の状態から≪図2-i≫の状態へ戻すために、皮膚炎が生じると考えられます。これが自然治癒力であり、正常な自律神経の働きです。
身体が正常な免疫システムへ戻し、アトピーを治そうとそうとしているところへ、ステロイド剤を含む薬剤や酸性水等を長期間使用することにより、皮膚の炎症を抑えたり、細菌を殺してしまうと、ヘルパーT細胞のT型の活性を弱めることになります。≪図2-ii≫
更に、ステロイド剤を含む薬剤は、ヘルパーT細胞のU型の活性を抑えることで、炎症や湿疹・痒みを軽減します。その結果、ヘルパーT細胞のT型とヘルパーT細胞のU型の活性は低下し、全体の免疫力が弱くなってしまいます。≪図2-iii≫

≪図2≫

図2

このページのTOPへ

 
 

アトピー性皮膚炎とは? | 自律神経・免疫機能から考えたアレルギー疾患 | 免疫学的な抗体産生のメカニズム

入会前のご相談は無料です。
商品のお申し込み・何でも無料相談はこちらから(新規メール作成画面)
(↑クリックして頂くと、お使いのメールソフトが起動します。お気軽にご連絡下さい。)

このページのTOPへ

満天星倶楽部(かすみそうくらぶ)
copyright(C) 満天星倶楽部-kasumiso club- / All rights reserved