HOME>アレルゲンついて

アレルゲン
アレルギー検査と食物アレルギー
妊娠中の食事と授乳・離乳食

アレルギー検査と食物アレルギー
アレルゲン | アレルギー検査と食物アレルギー | 妊娠中の食事と授乳・離乳食

 
 

アレルギー検査

【即時型アレルギー反応(T型アレルギー反応)の検査】

★皮膚テスト

1) スクラッチテスト(掻爬法)、プリックテスト(単刺法)
抗原抽出液(アレルゲンエキス)を皮膚表面に滴下し、針先で皮膚に出血しない程度の擦り傷をつけ、15〜20分後に反応を調べる検査です。
真皮上層の肥満細胞表面に特異的IgE抗体が存在すれば、滴下した抗原と反応し、肥満細胞内のヒスタミンなどの化学伝達物質が放出され局所が赤く腫れます。

2) 皮内反応テスト
少量のアレルゲンエキスを皮内に注射する方法です。感度は高いが、アナフィラキシーを誘発することがあるので注意が必要です。

3) パッチテスト(遅延型アレルギー反応の検査)
パッチテスト用絆創膏にアレルゲンをのせ、皮膚表面に貼り付け48時間後の様子を調べる検査です。接触皮膚炎、金属アレルギーはこれで調べます。

4) 除去・負荷テスト
通常、最低2週間(できれば1ケ月)、推定アレルゲン及び、それを含む食品の除去(やめてみる)と負荷(食べさせてみる)によって行ないます。アナフィラキシーショックの経験者は、負荷は医療機関でおこなってください。

RAST検査の数値が高く、食べるとすぐに症状がでる場合は明確ですが、アトピー性皮膚炎はすぐに起こる症状でないため、推定アレルゲンの除去・負荷テストが必要です。

これは小児では、アレルゲンとなる食品の除去が治療上極めて有効なためです。また、不必要な除去をしない、労力軽減のためにも有効ですし、RAST検査で陽性であっても食べて症状がでるとは限らず、逆に、RAST検査で陰性であってもアレルゲンになっていることがあるためです。

★血液検査

1) RIST(リスト)検査
血清中の総IgEを計測する方法です。
T型アレルギーの重症度の大体の目安になります。その人の体全体で、どのくらい強くT型アレルギーの反応が起こっているかを調べる検査です。

2) RAST(ラスト)検査
特異的IgE抗体値を計測する方法です。
卵白、牛乳、ダニなどの特定のたんぱく質(抗原)と結合するIgE抗体が、どれくらいあるかを調べる検査です。

一般的に、アレルギーの血液検査とはRAST検査をいいます。スコアーは0〜6で表示されます。花粉症のような典型的なT型アレルギーであれば確定しやすいですが、T型以外も存在するアトピー性皮膚炎では、スコアー(検査値)のみでは原因抗原と疑っても確定がしにくいです。

3) 好酸球試験
IgEはアトピーの長期的動向の目安としても使えますが、現在の症状が急性期なのか、どうかを調べるのが好酸球試験です。
末梢血の好酸球数を測る方法と、血清ECP値を測る方法があります。また、喘息の場合は、啖(たん)の中の好酸球を調べる検査もあります。好酸球の増加は、アレルギー性の炎症が増悪している状態と考えられているためです。

このページのTOPへ

アレルギー検査と乳・幼児の食物アレルギー

【アレルギー検査で食物アレルギーはわかる?】

保育園などから、「食物アレルギーの検査をしてもらって下さい。」という依頼がよくありますが、食物アレルギーの診断は非常に難しいものです。
なぜなら、検査値(IgE値)が高くてもアレルギー症状が出ない子もいますし、逆に、検査値が低くてもアレルギー症状が出る子もいます。

食物アレルギーは、IgE値だけが原因ではありません。胃腸の消化能力、胃腸粘膜の透過性、ロイコトリエン、インターフェロン、インターロイキンなどの「ケミカルメディエーター」と呼ばれる、アレルギーに関与する物質など、複雑な要素がいくつも絡み合って症状が出てきます。
また、「RAST検査値イコール、その症状の原因アレルギーと言えないのではないか!」、「RAST検査で食物アレルギーとされた子供の4割が、これと無関係でないか!」といった報告がなされています。

例えば、RAST検査の結果、牛乳にアレルギーがあると診断された子供たちに、偽の牛乳と本物の牛乳とを飲ませた時、検査値の高い子供たち全員に、湿疹や胃腸の異常などの症状が出たかというと、そうではなく約5割であった。また、本物の牛乳で症状が出なかった子供たちは、検査値が高くても実際に症状は出ている。これは、牛乳以外に原因があるのではないかと考えられ、必ずしも検査値が高いからといって、その食物を制限しなければならないとはいえないところがあります。

欧米では、実際に食べてみてアレルギーの有無を調べる検査が主流です。(負荷テスト)
しかし、日本では手間がかかるという理由から、どうしてもRAST検査で調べ、高い数値=原因=その食物除去、という流れが主流です。

【母乳についての考え方】

母乳については諸説があります。
母乳の中にある、何らかの分子が母乳経路で移行して子供のアレルゲンになる。たんぱく質そのものが移行するのではなくアミノ酸の固まりや、母親がアレルギーをもっていて、母親の抗原抗体の合わさったものが移行する。また、母乳は関係ない。などいろいろです。
結局、あまりRAST検査の値に振り回されて、数値を低くしよう、低くしようと思わないほうがよいのではないでしょうか。肝心なのは症状であり、数値が高くとも、症状が出ない場合もあります。

大切なことは、母親が実際に食べたものの食事日記をつけてみて、「ああ、これなら大丈夫。」、「今日はこういうものを食べさせたら湿疹が出た。」など、よく子供を観察することです。

現在日本では、RAST値を下げることに頑張りすぎて、乳幼児の栄養不足であったり、母親の食事ノイローゼが心配されています。 要するに、食べさせられるものを食べさせていく。RAST検査は参考になるが、絶対ではないということではないでしょうか。

しかし、現在いろいろな考え方があり、結論が出ていない段階であることも確かです。

 
 

アレルゲン | アレルギー検査と食物アレルギー | 妊娠中の食事と授乳・離乳食

入会前のご相談は無料です。
商品のお申し込み・何でも無料相談はこちらから(新規メール作成画面)
(↑クリックして頂くと、お使いのメールソフトが起動します。お気軽にご連絡下さい。)

このページのTOPへ

満天星倶楽部(かすみそうくらぶ)
copyright(C) 満天星倶楽部-kasumiso club- / All rights reserved